学生ローンのWebデータ

「学生ローンのデータベース」INDEX
学生ローンのWebデータA
データ4
学生ローン誕生から今日に至るまでの軌跡を綴る学生ローンの歴史サイト「学生ローンの軌跡」では、学生ローン発足当時の様子や時間の経過とともに進化する電子化の流れを描いています。
学生ローンや消費者金融会社では、その営業を成功させる為の大きな要素として、「新規顧客を増やす」ことと「回収業務」の2点があります。
新規顧客を増やす為の対策として看板を掲げることはもちろんですが、現在ではインターネットが主流となりつつあります。もちろん紹介客を増やすことも重要です。
回収業務については顧客の管理をいかに効率良くするかが問われます。
「学生ローンの軌跡」では、学生ローンの内部要素が事細かに掲載されており、対外的な広告文言を見るよりもはるかに内情を知ることができます。
興味のある方はぜひご覧下さい。
学生ローンのデータベース・トップページ
全情連データベースの内容
統計データの読み方
統計データの読み方A
延滞情報の有無の変化
登録人数の減少
残高有り登録件数減少要因の分析
学生ローンのWebデータ
学生ローンのWebデータA
学生ローンのデータベースMobile

データ5
学生ローンを専門に扱うものとしてe-学生ローンという専門サイトがあります。
テーマごとに分類されていて探しやすいところがとても便利です。
一見「比較もの」にも見えますが、アフリエイトのプログラムが見当たらないので純粋な学生ローンガイドです。扱うものも全て非商用であることかもそれを窺うことができます。
分類ごとに整理された各カテゴリーには、法律を扱うものや学生ローンの申し込み方法・返済方法等の基本的なものを解説するものまで様々です。
同様なものとして、検索機能を合わせ持つ学生ローン・学生キャッシングサーチもお奨めです。

データ6
学生ローンの借入利息は、年18%が一般的ですが(中には上下するものもあります)実は扱う商品によって「特典」があることをご存知でしょうか。
目的ローンについて詳細に解説する学生ローンNETでは、学生ローンの様々な商品やサービスを紹介する他、貸金業法改正による「指定信用情報機関」の概要なども詳しく解説しています。
指定信用情報機関とは、内閣総理大臣が指定する信用情報機関のことですが、改正法が施行された場合、貸金業者は指定信用情報機関を利用することが完全に義務付けられます。
信用情報は利用者にとっても重要な問題ですので、一度は訪問して内容を理解しておいた方が良いでしょう。
また、学生ローンと連鎖ビジネス商法との関連がよく言われますが、学生ローンNETではそれらの社会背景iを問題としたテーマについても解説がされています。

データ7
当ページでは学生さんが利用できる消費者金融会社ということで、学生ローンのWebサイトをいくつか紹介していますが、何もキャッシングを利用したいと考えている人は学生さんに限りません。
そんな方にはe-キャッシングがお奨めです。
e-キャッシングでは学生ローン関連も取り扱っていますが、他にも多くのカテゴリーを扱っています。
社会人向け一般の消費者金融やキャッシング比較サイト、他にもFXや保険など金融関連を細かく分類し、見やすいように構成されています。
機能としてはキーワードによる検索や、サイトオーナーであれば登録申請をすることも可能です。
学生ローンのデータベース 〜全情連統計データの読み方〜